国立・私立の医学部の学費を比較

2020年9月4日

国立・私立の医学部の学費を比較

医学部の学費が安い大学ほど人気があり偏差値が高くなっている傾向があります。

医学部医学科は卒業するまでに6年間かかるため、他学部と比較して学費は高いです。

特に私立大学医学部の場合、数千万円規模の費用が掛かるほど高額。

今回は医学部医学科の学費を国公立と私立で詳しく解説していきます。

国公立大学医学部


国公立大学の場合は全学部共通の授業料を採用しているので、医学部医学科だからと言って高額になることはありません。

それでは国立大学と公立大学に分けて学費事情を確認していきましょう。

国立大学医学部

国立大学部医学部では標準額が定められており、ほとんどの大学て同じ水準の学費となっています。

もちろん学費の値上げは可能ですが、2割制限と言う規定が設けられているため、私立大学のように授業料が高額になることはありません。

今までは学費の値上げを実施する国立大学はほとんどありませんでしたが、2018年度に東京工業大学は学費の値上げを発表して以降、いくつかの大学も値上げを実施。

今では医学部医学科の設置する国立大学では、千葉大学と東京医科歯科大学が学費を値上げています

国立大学の学費一覧

入学金 年間授業料 6年間学費総額
国立大学医学部医学科 282,000 535,800 3496800
千葉大学・東京医科歯科大学 282,000 642,960 4139760

公立大学医学部

公立大学の場合、授業料は国立大学に準じた金額となっており、学部間の格差もないため、経済的負担は国立同様に軽いのが特徴です。

ただし、国立大学と違い、公立は地方公共団体(当道府県・市町村)が運営しているため、入学金は自治体在住者のほうが安く設定るケースがほとんど

医学部を設置している公立大学の中で最も差があるのが福島県立医科大学で56万円もの差があります。

いっぽう、札幌医科大学は一律の入学金を採用している大学なんかもあります。

また、横浜市立大学だけが授業料が若干高く設定されていますが、それでも私立大学の学費と比較すれば格安です。

公立大学の学費一覧

大学名 入学金 年間授業料 6年間学費総額
自治体在住者 それ以外 自治体在住者 それ以外
札幌医科大学 282,000 282,000 535,800 3,496,800 3,496,800
福島県立医科大学 282,000 846,000 535,800 3,496,800 4,060,800
横浜市立大学 141,000 282,000 573,000 3,579,000 3,720,000
名古屋市立大学 232,000 332,000 535,800 3,446,800 3,546,800
京都府立医科大学 282,000 493,000 535,800 3,496,800 3,707,800
大阪市立大学 222,000 382,000 535,800 3,436,800 3,596,800
奈良県立医科大学 282,000 802,000 535,800 3,496,800 4,016,800
和歌山県立医科大学 282,000 752,000 535,800 3,496,800 3,966,800

私立大学医学部


私立大学は国からの補助金は少なく、学費からの収入依存度が非常に高いため、どの大学も軒並み高額な設定となっています。

特に医学部医学科においては1人の医師を育てるために莫大な費用が生じるため、6年総額3000万円台も珍しくありません。

6年間3000万円だと簡単に見積もって年間当たりの学費は500万円

サラリーマンの平均年収が400万円台なので、それ以上という計算になります。

したがって、学費の安い私立大学医学部は人気が高く、偏差値が上昇する傾向にあり、逆に学費の安い私立大学医学部は受験できる層が限られてくるため、難易度が下がるのが特徴です

過去には順天堂大学など大幅な学費値下げを実施して優秀な学生の確保に成功した大学もあります。

2020年度は東京女子医科大学が値上げを発表

2020年に、東京女子医科大学が翌年度の2021年から学費1100万円を値上げすることを発表して話題になりました。

これで学費総額は4600万円以上となり、川崎医科大学を抜いて最も高額な医学部となります。

一気に1100万円も値上げとなると、経済的に厳しい受験生も増えてくると思われるので、難易度は下がることが予想されます。

私立大学の学費一覧をランキングで比較

私大医学部学費ランキング(2021年度)

順位 大学名 学費6年総額
1 国際医療福祉大学 18,500,000円
2 順天堂大学 20,800,000円
3 日本医科大学 22,000,000円
4 慶応義塾大学 22,040,000円
5 東京慈恵会医科大学 22,500,000円
6 自治医科大学 23,000,000円
7 東邦大学 25,800,000円
8 昭和大学 27,000,000円
9 関西医科大学 27,700,000円
10 東京医科大学 29,400,000円
11 藤田医科大学 29,800,000円
12 産業医科大学 30,490,000円
13 大阪医科薬科大学 31,410,000円
14 日本大学 33,100,000円
15 岩手医科大学 34,000,000円
15 東北医科薬科大学 34,000,000円
17 愛知医科大学 34,200,000円
18 聖マリアンナ医科大学 34,400,000円
19 東海大学 35,000,000円
20 近畿大学 35,824,000円
21 久留米大学 36,200,000円
22 獨協医科大学 36,600,000円
23 兵庫医科大学 37,000,000円
23 埼玉医科大学 37,000,000円
23 杏林大学 37,000,000円
26 福岡大学 37,600,000円
27 北里大学 38,900,000円
28 帝京大学 39,380,140円
29 金沢医科大学 39,500,000円
30 川崎医科大学 45,500,000円
31 東京女子医科大学 46,216,000円

2021年度の最新学費で私立大学の医学部医学科をランキング化してみました。

他にも諸経費などが発生することが多いので、講師k試合とで必ず確認するようにしましょう。

ランキングを見ても分かるように、学費の安い医学部は難関大学が揃っています。

四天王(慶應・慈恵・日医・順天堂)と呼ばれる医学部は2000万円台前半であったり、学費が実質全額・一部免除となる自治医科大学や産業医科大学もやはり難易度が高いことで有名です

また、私立大学医学部で最も学費の安い国際医療福祉大学は、一番歴史の浅い医学部にもかかわらず、その安さから中堅レベルの難易度を誇っています。

サラリーマン家庭で学費の高い私立医学部は無謀か?


私立大学医学部の学費は高く、安い大学でも6年間で2000万円前後の費用負担が発生します。

年単位だと300万円以上の学費を準備する必要があり、年収1000万円の家庭でも手取り額は税金や社会保険料でここから大きく減るので、経済的に厳しいのが現状です。

しかし、これは全額自己負担した場合の話

私立大学医学部では独自の奨学金制度がると同時に、学生支援機構からも月額最大16万円を貸与してもらうことができます。

奨学金を活用することで、費用負担を抑えることが可能で、多くの家庭でも私立大学医学部を候補に入れることができるというわけです。

また、金利は高くなりますが、銀行などの金融機関で教育ローンを借りることもできます。

医師になれば払えない金額でもないので、検討してみる価値はあります。

特退制度で学費減免が受けられる

私立大学医学部では特待制度を設けている大学も多く、学費の一部免除が受けられます。

ただし、入学後は学業成績で継続の可否が決まるため、必ず6年間奨学金を給付できる保証はありません

特待制度の免除を見越して私立大学医学部へ入学する場合は注意しましょう。

地域枠なら学費が実質無料

地域枠制度は、医師不足解消のために自治体が学費相当額の奨学金を貸与し、卒業後は自治体の指定する医療機関で一定期間医師として働けば返済免除になる制度です。

これなら、国公立大学医学部に進学するよりも経済的負担が軽くなります。

ただし、地域枠制度で入学した場合は、卒業後の進路で制約がかかる点に注意しておきましょう

地域医療やへき地医療など、自分の希望するキャリアプランを描くなる可能性はありますが、学費問題をクリアし、医師という職業を目指すことは可能になります。

学費のまとめ

今回は国立・公立・私立に分けて医学部の学費上について詳しく確認してきました。

やはり、私立大学医学部は国公立と比較して非常に高額で、学費の安い大学は難関であることが多いです。

ただし、高額な学費でも特待制度・奨学金・学費免除の地域枠等を利用することで大きく負担を減らすこともできます。

したがって、学費が高いからと最初から選択肢から外すのではなく、様々な学費対策を検討して合格できる医学部を受験することが重要です。

 
  広告・PR欄
野田クルゼ

野田クルゼの
公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

メディカルアーク

メディカルアークの
公式サイトです。
http://medical-ark.co.jp/

城南医志塾

城南医志塾の
公式サイトです。
http://www.johnanishijuku.jp/

医学部予備校の特集企画

© 2021 医学部大学受験比較ランキング※医学部合格への適切な勉強法 Powered by AFFINGER5