横浜の医学部予備校

2021年3月10日

横浜の医学部予備校

横浜駅前には合格実績豊富な多くの医学部予備校や大手予備校が集結しレベルの高い指導を提供。

横浜エリアには300校以上の予備校や学習塾があります。

その中から上位大学医学部の合格率が高い予備校、きめ細かいフォロー体制が整っている医学部予備校、コロナ禍などで注目されているオンライン授業を導入している医学部予備校について、それぞれ代表的な予備校をピックアップして紹介します。

神奈川県全域から多くの受験生が集まる

神奈川県内には公立の横浜市立大学、私立の聖マリアンナ医科大学、北里大学医学部、東海大学医学部があり、隣接する東京には数多くの医科大学・医学部があります。

横浜は人気の大学へのアクセスが良いので神奈川県全域から受験生が集まってきます

そのため、大手予備校の直営校や地域密着型の学習塾などが次々と開校し、特に横浜駅周辺は予備校激戦区となっています。

次項からその中でもおすすめの医学部予備校を取り上げてみましょう。

横浜でおすすめ医学部予備校

エースメディカルみなとみらい

完全無料の個別指導で弱点を徹底強化!

授業形態は4~8名の少人数制クラスと、1対1の個別指導の2通りあります。
月~金までは通常のクラス授業で、授業後に学習内容定着のため確認テストを実施。
土曜日はその週に学んだことを含めた実力テストを行います。
テストに合格できなかったときは個別指導(完全無料)で弱点の徹底強化を図ります。
志望大学医学部の傾向に特化したカリキュラムと小論文や面接指導との総合対策で、開校初年度より毎年、国公立大医学部および特待生入試の合格者を数多く輩出しています。
予備校詳細はこちら

四谷学院(横浜校)

55段階個別指導で確実に「解答力」アップ!

授業は「科目別能力別クラス」で、医学部合格に必要な知識を体系的・計画的に身につけて「理解力」を深めていきます。
それと共に「55段階個別指導」において講師とマンツーマンで演習問題に取り組んで「解答力」を高めていきます。
この2つを組み合わせたダブル教育が四谷学院特有の学習システム。
55段階個別指導は中一レベルの基礎からスタートし、最終的には難関医学部レベルまでステップアップ。
暗記するだけでなく本質を理解することで確実に解答力を身につけていきます。
予備校詳細はこちら

駿台(横浜校1号館・2号館)

50分授業で効率よく学習効果を上げる!

医学部コースは「スーパー国公立医系」と「スーパー私立大医系」に分かれています。
どちらも基礎学力から入試レベルまでしっかり習得したい人向き。
授業時間は集中力が持続する時間と言われる50分で、効率よく学習効果を上げることができます。
席は指定制なので席取りでストレスをためることもなく、落ち着いて授業に臨むことができます。
クラスメイトとの交流を深めることができ、ライバル同士ながらお互いにモチベーションを高め合える良い学習環境が作られていきます。
予備校詳細はこちら

上位大学を目指せる「大手予備校」一覧

下表の3校は、旧七帝大や私立御三家と呼ばれる難関医学部に毎年多くの合格者を送り出している大手予備校です。

学校名 駿台
評判
特徴
東大など国公立大学理系の受験生が多く、医学部合格実績が業界1位を誇る名門予備校
学校名 河合塾
評判
特徴
駿台と並ぶ名門予備校。慶應など私大医学部の合格実績では駿台をやや上回る
学校名 四谷学院
評判
特徴
「理解力」と「解答力」のダブル教育で、毎年多くの難関医学部合格者を輩出

個別フォローが手厚い横浜の「医学部専門予備校」

医学部予備校で学力を伸ばすには、規定の学習プログラムをこなすだけでなく、一人ひとりの能力に応じたきめ細かなフォローアップが必須です。

それを実践している主な医学部予備校を挙げてみましょう。

学校名 エースメディカルみなとみらい
評判
特徴
疑問点をいつでも気軽に質問できるように、個別指導用の個室を複数設置
学校名 横浜予備校
評判
特徴
疑問点をいつでも気軽に質問できるように、個別指導用の個室を複数設置
学校名 プロメディカス
評判
特徴
個人ごとの担任が個別学習プログラムを作成。8~20時まで365日徹底指導
公式HP
学校名 メディカルラボ
評判
特徴
生徒の悩み・課題のヒアリングからスタートし、個別カリキュラムを実践
公式HP
学校名 メディカルアーク
評判
特徴
毎日面談で学習の進捗を確認し、最短合格のために時間の有効利用を指導

ネット上のオンライン通信教育に対応中の医学部予備校


オンライン通信教育には、リアルタイムで授業を受けられる同時双方向型(ライブ授業)と、あらかじめ録画された講義の動画を自分の好きな時間に閲覧するオンデマンド型の2タイプあります。

ここではライブ授業を導入している医学部予備校を紹介します。

横浜予備校 「勉強は苦手」という生徒たちが、オンラインでもプロ講師の徹底管理によって医学部全勝を実現
<学費>プロ講師による1対1の個別指導コース:月額32,250円~43,000円
メディカルラボ 従来の対面授業と同様に生徒の志望校や理解度、性格などに応じてコミュニケーションを取りながら授業を進めていく
<学費>入学金+年間授業料4,522,000円(対面授業と同額)
駿 台 自宅で一流講師の授業を受けられるオンライン授業は朝9時にスタート。休憩を挟んで17時終了。その後担任とweb面談を行うことも
<学費>年間授業料:入学金+授業料790,000円~860,000円

まとめ~医学部予備校を選ぶときは体験授業に参加することをおすすめ~

予備校は1年制ですが、医学部予備校は料金が高く、年間授業料は300万円~400万円が相場といわれます。

医学部予備校に入学すると自分には合わないと思っても簡単に転校することができません。

医学部予備校選びで失敗しないためには、複数の医学部予備校の入学説明会や体験授業に参加し、比較検討したうえで決めるようにしましょう。

説明会などへの参加者に入学割引券を付与する予備校も多いので、ネット上で情報を集めるだけでなく実際に足を運ぶことをおすすめします。

ただし、予備校選びが目的ではなく、志望の医学部に合格することが第一目的であることを忘れてはいけません。

 
  広告・PR欄
野田クルゼ

野田クルゼの
公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

メディカルアーク

メディカルアークの
公式サイトです。
http://medical-ark.co.jp/

城南医志塾

城南医志塾の
公式サイトです。
http://www.johnanishijuku.jp/

医学部予備校の特集企画

© 2021 医学部大学受験比較ランキング※医学部合格への適切な勉強法 Powered by AFFINGER5