医学部を受験するメリットは?名門大学進学や医師の魅力を解説

2020年9月5日

医学部医学科に合格するメリットは何?

医学部受験で合格するメリットについて解説

医学部受験のメリット

医学部は、一般的に他学部と比較しても一番お金のかかる学部になります。授業料は私立大学であれば6年間で2000万円から5000万円かかります。

また、超難関試験を突破しないといけないので塾や予備校などへの支出もあわせて負担になってきます。

しかし、医学部に晴れて合格することができれば高い地位と待遇、および安定した将来が待っていることでしょう。世間からは医師といえば尊敬の目でみられるほど高い地位を得ています。さらに、他の職種と比べても待遇が良く安定もしています。

また、地位や待遇だけでなく人の命を救うというこれほど使命感のある職種はありません。豊富な知識と的確な判断が要求される大変な仕事ですが、「命を預る」という責任に何者にも比べることができないやりがいを感じることができるでしょう

ほんの一握りの人しかなれない医師だからこそ、得られる名声や地位、待遇はとても魅力的です。

難関医学部に入学するメリット

さて、医学部の中でも難関医学部に入学するメリットを考えてみましょう。

医学部に入学するだけでも狭き門の難関試験なのに、上位医学部を目指すことはどんな恩恵を受けることができるのでしょうか。

まずは、著名な教授および最先端の設備に接する機会が多くなることがあります。

優秀な医師ほど有名大学に在籍している傾向が多く、また国からの支援も多く環境が充実しているのが特徴です。これは他大学医学部では経験できない貴重な時間を過ごすことができます。

また、国公立大学や慶応大学をはじめ難易度が上がるほど授業料が安いのが挙げられます。やはり、授業料が安いのは経済的負担も軽くなるので人気が集中し難化傾向にあります。

そして、優秀な友人が多い中で学習できるのが一番のメリットではないでしょうか。将来の医療界を牽引していくであろう優秀な学生と切磋琢磨することは、自分の可能性を大きくしてくれるだけでなく、生涯に渡って貴重なネットワークを構築することができます

医師の年収

厚生労働省の調査によると平成24年度の医師の平均年収は1,144万円および平均月収は88万円となっています。

サラリーマンの平均年収は約400万円と言われている時代なので、医師の給与の高さが見て取れます。

また、国家試験を合格した研修医の平均年収は平均300万から400万円と言われており、過去の無給に近い待遇から大幅に改善されていることが見受けられます

また、勤務先別おおよその年収は以下のとおりとなります。

大学病院

  • 20代~30代前半の医師:300~600万円
  • 講師:700万円
  • 准教授:800万円
  • 教授:1,000万円前後

市中病院

  • 1年~4年目:600~800万円
  • 5年~10以上:1,000万円
  • 部科長クラス:1,500万以上
  • 院長:2,000万円

開業医

  • 開業医の場合は個人によって年収は幅広くなりますが、平均的に2,070万円となっています。

職業別給与ランキング

順位 職業 平均年収
(万円)
パイロット 1,152
医師 1,144
大学教授 1,081
大学准教授 862
警察官 813
公立高等学校教員 776
公立小・中学校教員 742
消防士 717
公認会計士 713
10 税理士 713
 
  広告・PR欄
野田クルゼ

野田クルゼの
公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

メディカルアーク

メディカルアークの
公式サイトです。
http://medical-ark.co.jp/

城南医志塾

城南医志塾の
公式サイトです。
http://www.johnanishijuku.jp/

医学部予備校の特集企画

© 2021 医学部大学受験比較ランキング※医学部合格への適切な勉強法 Powered by AFFINGER5