国公立で入りやすいところは?

医学部大学受験比較ランキング※医学部合格への適切な勉強法

国公立大学はセンターの比重や配点および二次試験科目や範囲等から大学を選びます。

医学部大学受験TOP > 国公立で入りやすいところは?

国公立で入りやすいところは?

国公立大学は、私立大学に比べると人気も高く難易度も高いため全ての学生にとって穴場な大学はないでしょう。

ただし、地方の国公立大学医学部は、有名私立大学医学部の躍進および国を挙げた医学部定員増の影響で入学しやすい大学もでてきています。出願倍率などを確認することで少しでも競争率の低い大学を受験することです。

また、自分の強みを最大限に発揮できる大学が、合格できるチャンスを高くしてくれます。自分の得意科目などを踏まえて、自分の特性に合った配点や出題傾向がある大学選びが効果的でしょう。

試験制度から有利な大学を探す

国公立大学の大きな特徴は、センター試験と二次試験の二つの試験制度を採用していることです。

つまり、一つで失敗しても他方で高得点を取ることができれば合格できるチャンスが残されているということです。

まずは、センター試験で失敗した場合でも、二次試験に得点比率を大きく置いている大学ではまだまだ挽回の余地があります

例えば、東北大学はセンター試験の配点のウエイトが非常に小さいのに対し、二次試験に比重が多く取られています。センター試験は250点に対し、二次試験は850点設けられています。

次に、センター試験は得意で高得点目指せるけど、二次試験が苦手な人はセンター試験重視の大学がおすすめです。

例えば、信州大学医学部はセンター試験の配点が非常に高く、二次試験は小論文・面接および数学のみとなっています。これは、数学が得意な人、理科・英語が苦手な人にも有利な試験制度ですね。

さらに、理科科目が得意な学生にはおすすめの大学もあります。 広島大学医学部の二次試験(A配点方式)は、総得点1800点のうち理科科目が1200点と理科科目に非常に重きを置いています。理科が苦手な人にとっては、厳しい学部ですが、理科が得意な学生にはチャンスと魅力的な大学です。

出題傾向から有利な大学を探す

ほとんどの大学は毎年出題傾向が似ているので出題範囲や質問形式によって自分と相性の良い大学を選択することが可能です。

各大学がそれぞれの特徴を持って出題しているので、自分の苦手な出題傾向がある大学はできるだけ避け、少しでも自分の力が発揮できる大学を受験しましょう

まずは、二次試験の試験傾向を過去問や予備校の大学別受験情報を有効活用して分析してください。

自分の得意分野が頻出しているかどうか、英語なら長文問題が得意だから長文問題で差が付く問題かなど自分にとって解きやすい問題を出題しているかを調べることも重要です。

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式ホームページです。
http://www.kurse.co.jp/

メディカルアーク

メディカルアークの公式サイトです。
http://medical-ark.co.jp/

城南医志塾

城南医志塾の公式サイトです。
http://www.johnanishijuku.jp/

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部大学受験比較ランキング※医学部合格への適切な勉強法 All Rights Reserved.