東京の医学部予備校を厳選紹介!合格実績豊富な校舎が勢揃い

2020年9月7日

東京で豊富な医学部合格実績を誇る専門予備校を解説

東京都内にある合格実績が豊富な医学部予備校をおすすめランキングや特徴でまとめています。

最も多くの医学部予備校が集まる東京の中から、指導力が高く合格実績が豊富なおすすめ校舎を厳選して紹介しています。

東京で医学部予備校を探している受験生はぜひ参考にしてみて下さい。

東京在住でなくても受講可能な、オンライン通信コースを提供している医学部予備校についても解説しています。

日本一医学部設置大学が多く、受験にも便利

日本一医学部設置大学が多く、受験にも便利
東京は国内で一番医学部設置大学の数が多く、難易度も上位から下位までバランスよくあるため、多くの受験生にとって候補になりうるでしょう。

また、東京をはじめ関東圏は進学校が多く、医学部を目指す受験生も多いので、多くの地方私立大学医学部が一次試験で東京会場を設置

したがって、入試の際は移動負担がないだけでなく、日程調整がしやすく、多くの私大を併願受験することが可能です。

東京を含めた関東圏に視野を広げれば、さらに多くの医学部が候補に。

合格実績豊富な医学部予備校も多いことから、全国から受験生が集まる地域と言えます。

東京に医学部を設置する大学一覧

国公立大学

  • 東京大学
  • 東京医科歯科大学

私立大学

  • 杏林大学
  • 慶應義塾大学
  • 順天堂大学
  • 昭和大学
  • 帝京大学
  • 東京医科大学
  • 東京慈恵会医科大学
  • 東京女子医科大学
  • 東邦大学
  • 日本大学
  • 日本医科大学

東京会場を設置する医学部一覧

上記で解説した通り、地方の医学部設置大学は、一次試験を東京で受験できるよう都内に会場を設けていることが多いです。

それだけ首都圏の医学部受験生が多い証拠でもありますが、都内にいればほとんどの私立大学医学部が受験できるということになります

入試期間中は移動だけでも疲れるので、東京医学部予備校に通うメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

私立大学医学部を目指している受験生はぜひ、東京都内の医学部予備校に通うことをおすすめします。

  • 岩手医科大学
  • 東北医科薬科大学
  • 独協医科大学
  • 埼玉医科大学
  • 国際医療福祉大学
  • 聖マリアンナ医科大学
  • 金沢医科大学
  • 愛知医科大学
  • 藤田医科大学
  • 大阪医科薬科大学
  • 関西医科大学
  • 近畿大学
  • 兵庫医科大学
  • 久留米大学
  • 産業医科大学
  • 福岡大学

東京】おすすめ医学部予備校ランキング

ここでは、東京にある数ある医学部予備校の中から、合格実績豊富な予備校を厳選してランキング化。

各医学部予備校では独自のノウハウと学習システムで高い合格率を実現しているので、受験生はぜひ参考にしてみてください。

おすすめは、下記医学部予備校から複数校をピックアップして体験授業に参加して自分との相性を確かめてみることです。

ランキング1位【医学部予備校四谷メディカル】

医学部予備校四谷メディカル
特徴 ラボラトリー制度を導入し講師との
信頼関係を構築

医学部予備校四谷メディカルは、偏差値30台からでも合格が目指せる医学部予備校です。医学部入試に精通したベテラン講師陣が設立した当医学部予備校は大学の研究室のように講師と生徒が同じ空間で過ごすことで、いつでも質問や相談ができるラボラトリー制度を導入していることで注目されています。

担任制による丁寧な指導と、圧倒的な学習量で1年で医学部合格を実現可能です。特に、多浪生や再受験生の指導に定評がある講師陣が集まっているため、他校で学力が伸び悩んでいる予備校生は候補に入れることをおすすめします。

ランキング2位【スタディカルテLab】

スタディカルテLab
特徴 質の高いオンライン個別指導
を希望する受験生におすすめ

スタディカルテLabは、オンライン個別指導専門の予備校で医学部や難関大学へ多くの合格者を輩出しています。校舎を持たない分、固定費削減を実現し、割安な学費で医学部受験対策が行るのが特徴。

費用負担を抑えながら質の高いオンライン授業を受講したい受験生にはおすすめします。まずは無料体験から受講してみましょう。

ランキング3位【学び舎東京】

学び舎東京
特徴 医学部・東大など難関大学
専門の個別指導予備校

学び舎東京は、医学部や東大など難関大を専門にマンツーマンの個別指導を行っている予備校です。独自に開発された科学的メソッドにより、私立・国公立問わず多くの医学部合格者を輩出しています。3ヶ月で偏差値15アップも可能です。他の個別指導塾に比べて比較的リーズナブルな料金で受講できるのも魅力な新興予備校です。

公式HP

ランキング4位【大学受験のΣ会】

大学受験のΣ会
特徴 自宅にいながら低価格で
医学部受験指導が受けられる

大学受験のΣ会は、自宅に居ながら医学部受験のプロ講師の指導やアドバイスが受けられる通信専門の医学部予備校です。月額料金は50日間利用して約30万円と低価格で利用できることが魅力。

授業は基本行わず、生徒の学力や志望校に合わせた最適な勉強法をコーチングによってサポート。日々の学習の質を改善・向上させることが可能です。学力が上手く伸びない受験生は現在の予備校や塾と併用してセカンドオピニオンとして活用してみるのも良いでしょう。

ランキング5位【GHS予備校】

GHS予備校
特徴 入塾後の驚異的な伸び率で
多くの医学部合格者を輩出する注目予備校。

GHS予備校は、総数少人数制を取り入れて生徒一人ひとりに丁寧な指導を提供する医学部予備校です。

入塾後の伸び率が驚異的であり、多くの生徒が医学部合格を実現しています。暗記やテクニックなどに頼らない真の実力が習得できると、生徒は全国から集まる人気校です。定員制を採用しているため、入塾できない生徒も多く早めの問い合わせをおすすめします。

ランキング6位【TMPS医学館】

TMPS医学館
特徴 ドクターから推薦される医学部予備校

TMPS医学館は、 多くのドクターから推薦されている医学部予備校で、受験勉強だけでなく医師として大切な倫理観や道徳観も学ぶことができます。

授業は1クラス8名程度の超 少人数およびマンツーマンのきめ細かな指導で学習していきます。予備校業界を代表する最強講師陣が集まっており、毎年多くの偏差値40台の生徒が医学部に 合格するなど、高い指導力と合格実績が証明されています。

ランキング7位【進学塾ビッグバン】

進学塾ビッグバン
特徴 量的効果と質的効果のダブル効果で
豊富な合格実績を実現

進学塾ビッグバンは、圧倒的な学習量と質の高い指導で毎年多くの合格者を輩出している医学部予備校です。高卒生科では、9時から22時まで強制学習を課すことで年間約2,700時間と大手の約3倍の学習時間を確保できます。

また、授業を担当する講師陣は業界を代表する実力派揃いで、質の高い指導で効率よく学んでいけます。徹底した学習管理によってサポートしてもらえるため、1年で医学部合格も実現可能です。

ランキング8位【四谷学院】

四谷学院
特徴 55段階個別で有名な医学部を
目指せる大手校

四谷学院は、中学レベルの基礎学力から着実に知識を理解・定着できる55段階個別指導で有名な大手進学予備校です。医学部への合格実績も高く、1年合格も夢ではありません。医学部専用コースも開講されているので、集中して対策が行えます。

ランキング9位【ウインダム】

ウインダム
特徴 私立医学部特化だから
学力の伸び率が違う

ウインダムは、私立医学部を専門に指導を行う渋谷の医学部予備校です。カリキュラムが医学部受験に特化しているので学習効率が優れており、学力の伸び率が違います。実際に医学部一次試験合格率は85%、2人に1人が医学部へ進学している高い実勢を誇っています。

ランキング10位【野田クルゼ】

野田クルゼ
特徴 40年以上の医学部指導実績のある
名門予備校

野田クルゼは、40年以上の歴史とノウハウで医学部合格をサポートしてくれる医学部専門予備校です。少人数、個別指導、合宿講座、医学部必勝講座など多彩なプログラムで受験生のやる気と学力を向上させてくれます。

大手予備校

大手予備校がおすすめの受験生タイプ

  • 選抜コースに入れる学力がある
  • 国公立大学医学部が第一志望
  • 学習管理がある程度できる

駿台

駿台は三大予備校の中でも理系大学に非常に強く、特に東京にある市ヶ谷校舎は医学部受験対策に特化した医学部専門校舎となっています。

駿台の特徴は私立大学医学部の合格率はもちろん国公立大学医学部の合格率も圧倒的に高く、共通テストの対策も充実している点です。

テキスト模試ともに充実しており、非常にハイレベルな授業を行います。

基本は大人数クラスで、50分授業。予備校には珍しい座席指定制です。

クラス授業だと集中が切れてしまうという方も、授業時間が短く、講師がある程度生徒を把握しやすいことから集中しやすい環境といえます。

やむを得ず欠席してしまった場合は、録画授業を視聴できる「欠席フォローシステム」があるので、安心です。

別料金ですが個別指導も選択できます。

医学部予備校に比べ圧倒的に低い価格帯が魅力。

ある程度基礎力がついており、自分で勉強のリズムをつかめている生徒にはおすすめです。

授業形式 集団授業・個別指導コースもあり
コース・料金 国公立医学部コース約465,000円〜約503,000円/年
私立医学部コース約448,000円〜約574,000円/年
2022年度合格実績 国公立大学1,647名・私立大学2,394名
校舎所在地 全国32校舎(東京7校舎)

河合塾

河合塾は三大予備校の中でも全国展開の模試を提供している教材面で非常に充実している予備校です。

1コマ90分の授業時間内で「導入⇒演習⇒解説」を行い知識の定着を図ります。

一つの内容を集中して定着させるには最適です。

現役生専用の校舎「河合塾マナビス」は一部対面授業に加え、河合塾の有名講師の映像授業を好きな時間に視聴できるため、現役生には非常に人気のコースとなっています。

東京都内だけでも住宅地を中心に63校舎あり、現役生にとっては利用しやすい環境です。

また、東京麹町校舎は医学部受験専門校舎。医学部予備校のような一人ひとりに対してきめ細やかな指導を行っています

最新の医学部入試・受験対策情報を発信する河合塾の医学合格応援サイト、医進塾では各大学の入試変更点、ボーダーラインなども確認できますので、是非ご参考にしてください。

授業形式 集団授業・個別指導もあり
コース・料金 国公立医学部コース 約674,000~745,000円/年 私立大医進インテンシブ個別指導付 約3,410,000円/年 など
2022年度合格実績 国公立大学1,597名  私立大学 2,806名
校舎所在地 予備校部門は全国31校舎(東京都内では10校舎)

代々木ゼミナール

以前は全国に多くの対面校舎を持っていた代ゼミですが、現在、対面校舎は6校舎になりました。

東京都内では新宿にそびえる代ゼミタワーで対面授業を受講することができます。

全国の対面校舎のなかでも東京代ゼミタワーでは特に様々な学校別対策講座やイベントが実施されています。

現在の代ゼミの魅力は対面授業はもちろんですが、映像授業に力を入れている点です。

各教科多くのコンテンツを有しており、代ゼミが提供するサテライン授業は提携する全国の多くの塾や、一部自宅でも視聴することが可能です。

スマホで閲覧できる「モバサテ」の提供も開始しており、東京都内でも新宿の代ゼミタワーまで通うのは厳しいとお考えの方にはおすすめです。

単科受講も可能なので、他の塾、医学部予備校などに通いながら必要な教科のみの受講が可能です。

授業形式 集団授業 個別指導
コース・料金 国公立コース 約667,000円~ 私立コース 約628,100円~
合格実績 合格人数はHPに記載なし
校舎所在地 全国6校舎(東京1校舎)

東進

長年、映像授業で定評のある予備校です。

色々な予備校で活躍してきた人気講師が集結しています。一部対面授業を行う校舎もありますが、メインは映像授業です。

映像授業は1講座90分×約20講座となっており、自分のペースで受講でき高速学習により最短2週間~1カ月で修了することが可能です。

受講ペースが自分で決められない方もアドバイザーがしっかり指導してくれます。

東進と提携している塾は東京はもちろん全国に多く存在するため、ご興味があるかたは是非、HPでお近くの教室を探してみてください。

また、東京新宿エルタワーでは映像授業で活躍している講師の生講座を受講することができるので、モチベーション維持に通学することもおすすめです。

東京新宿エルタワーでの通期授業は毎年入学制限がありすぐに定員になってしまうので、早めのお申込みをお勧めします。

授業形式 映像授業 一部対面授業あり
コース・料金 単科受講 1講座77,000円~
合格実績 国公立大学1,032名 私立大学626名
校舎所在地 大学受験科東京校 東京都新宿区西新宿1-6-10

四谷学院

なんで私が東大に?」のCMでおなじみの予備校です。

東京では7校舎、全国31校舎を展開しています。

四谷学院の魅力は何といっても55段階指導にあります。

試験会場と同じような緊張感のある会場で試験をとき、その場で講師に採点してもらい個別指導をうけることで自分の弱点や理解度を知ることができるシステムです。

授業は科目別能力別少人数制集団授業を採用しているため、自分の現時点の能力に合わせた学習を無理なく進めることができます。

集団授業で理解し、55段階システムで定着を図るという効率的なシステムを採用しているといえます。

大手予備校の中でも比較的講師との離が近く質問しやすい環境であることが特徴です。

現在、55段階システムは双方向のオンラインを用いての受講も可能なので、東京都内在住でも校舎が遠く通うことができない方もおススメです。

授業形式 集団授業・55段階個別指導
コース・料金 国公立医学部コース 482,000円/年~ 私立医学部コース 46,8000円/年~
合格実績 HPに人数の記載なし
校舎所在地 全国31校舎(東京7校舎)

その他の医学部専門予備校10選

医学部予備校がおすすめの受験生タイプ

  • 偏差値40~55程度
  • 私立大学医学部が候補に入れられる
  • 自己管理ができない

メディカルラボ

メディカルラボは河合塾傘下の医学部予備校です。

東京には主要地域に5校舎、全国に28校舎を持ち、2022年度の医学部合格者数は医学部予備校の中でNO.1を誇っています。

プロ社会人講師による完全個別指導のもと50分導入⇒50分演習⇒50分解説の150分授業で知識の定着をはかります。

完全個別指導でその生徒に合わせたスタートラインからしっかりカリキュラムをたて、指導をおこなっています。

定期的に行うチェックテストなどの学習管理はもちろん担任が生活指導もしっかり行い、ご家庭に定期的に連絡が入るため保護者の方も安心です。

全国に多くの校舎をもつこと、河合塾傘下であることから、入試情報を多く有していることに加え、大学の入試担当者を招いた説明会なども行っており、情報収集の観点でも利用すると有利といえるでしょう。

特に東京にいながら地方の大学を目指す方にはおすすめの医学部予備校です。

授業形式 完全個別指導
コース・料金 高卒生 約5,500,000円/年~ 高校生 約3,720,000円(ただし単科受講も可能)
合格実績 国公立大学176名 私立大学1094名
医学部予備校所在地 全国28校舎(東京5校舎)

富士学院

直営校としては最も多くの校舎を有している医学部予備校です。

小人数制グループ指導と個別指導を行っています。

東京十条校での2022年度合格率は73.2%・東京お茶の水校は62.5%

入塾時に選抜試験を課さない医学部予備校としてはかなり高い合格率といえ、どのようなレベルのスタートであっても確実に学力を伸ばしてくれる医学部予備校といえるでしょう。

医学部予備校富士学院は一般選抜だけではなく、最近合格者の多くを占めるようになった総合選抜での進学者も多いという特徴があります。

特に福岡大学・久留米大学の総合選抜の合格者のうち富士学院生が50%近く占める結果になっています

入試直前期には地域ごとに大学別の総合選抜対策講座を設置しており、外部からの受講も可能なので、通常は他の医学部予備校などに通っていても、推薦を検討している場合は期間限定で医学部予備校富士学院の講座を利用するのもおすすめです。

授業形式 少人数グループ指導 個別指導
コース・料金 HPに記載なし
合格実績 国公立大学37名 私立大学394名
医学部予備校所在地 全国10校舎(東京2校舎)

メディカルフォレスト

柔道家の朝比奈選手も利用し、医学部合格をつかんだことで話題になった医学部予備校です。

東京と北海道に校舎をもちます。

もともと東京池袋校は女子専用の医学部予備校だったこともあり、非常に綺麗で勉強に集中しやすい環境であることが特徴です。

良医になるための教育を行っており、勉強だけではなくマナー面もしっかり指導し、面接だけではなく今後医者になってからもきちんとした対応ができるような教育を行っています。

あまり規模は大きくない小数精鋭の医学部予備校なので、合格者数は少ないですが、

  • 「面倒見がよい」
  • 「根気強く指導してくれる」
  • 「自学習も快適に出来る環境だった」

などポジティブな口コミが生徒だけではなく保護者からも多く寄せられています。

医学部予備校メディカルフォレストは特に生徒管理がしっかり行き届いている医学部予備校といえるでしょう。

授業形式 少人数グループ指導
個別指導
コース・料金 HPに記載なし
合格実績 私立大学27名
医学部予備校所在地 東京池袋校 東京都豊島区南大塚1丁目51−7 美咲大塚ビル 2F,8F
(他東京都内に自由が丘校と麹町校あり)

池袋理数セミナー

東京池袋にある池袋理数セミナーは2022年度受験生の内32名中21名合格、特待合格も複数人だしている実力派の医学部予備校です。

国公立医学部への合格実績も高くなっています。

医学部予備校池袋理数セミナーの特徴は「強い志をもつ生徒・自分のオ現状に満足していない生徒」のみを入塾許可している点。

成績に関係なくこの条件を満たしている生徒を入塾させます

強い志を持った生徒たちが互いに切磋琢磨しながら励まし合いながら伸びていく、医学部受験でモチベーションを保つには最適な環境といえます。

授業は「解法」を大切にしています。

講師は生徒のノートを見ながら一問一答の「解法」を確認分析し、生徒の思考傾向や最も重要な「定着度」も確認し、生徒の気付いていない弱点を見つけ出し、一緒に解決していきます。

授業形式 集団授業
コース・料金 高卒生医学部コース
高校生医学部コース
HPに記載なし
合格実績 国公立医学部7名
私立医学部25名
医学部予備校所在地 東京都豊島区南池袋2-19-5

メディカ(medika)

メディカは2005年、東京渋谷に設立された比較的新しい医学部予備校です。

大阪と東京に2校舎あり、東京校では個別指導と少人数制グループ指導を行っています。

東京校舎では医学部単科コースも設置しており、記述対策や科目別単元別講座などの講座があるようです。

また、HP中のブログ記事から春期講習「重要事項の総整理」英語・化学・数学の3教科をオンラインで無料視聴できます。

テキストもPDFで添付されているので、ご興味がある方は是非ご視聴されることをお勧めいたします。

推薦の対策・夜間の特訓学習・学力向上を目指す合宿などのも行い、一人ひとりの学力レベルに合ったカリキュラムで徹底指導を行うのが特徴です。

医学部予備校では珍しく、単科受講でき特待制度も採用しており費用も比較的安くおさえられた設定になっているので医学部予備校は予算的に厳しいご家庭も是非ご検討ください。

授業形式 少人数制指導・個別指導
コース・料金 HPに記載なし
単科講座は各107,800円(税込)
合格実績 国公立大学4名
私立大学62名
医学部予備校所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷1−7−8

医学部受験予備校YMS

東京渋谷に校舎を構える40年以上の伝統をもつ、実績ある医学部予備校です。

2022年度も1校舎あたりの合格者数が全国の医学部予備校中NO.1となりました。

医学部予備校YMSの特徴は受験技術をおしえるだけではなく、「いい医者」を育てることも目標にしています。

各教科に加え、ほかの医学部予備校では見られない「医のアート」という授業を週に1回もうけており、「良い医師とは何か」を話し合ったり、今の医療現場が抱える課題について考え、これからの時代の医師に求められるスキルや役割などについても学んでいきます。

このような学習から現在医療従事者に求められている「医の心」を学ぶことは、「いい医者」になる素養を育むことにつながり、面接や小論対策にも生かされるといえるでしょう。

授業形式 集団授業
コース・料金 高卒国公立本科コース
高卒本科コース
国公立推薦本科コース
私立推薦本科コース
高3本科コース
学費はHPに記載なし
合格実績 国公立大学16名
私立大学271名
医学部予備校所在地 東京都渋谷区代々木1-37-14

レクサス教育セミナー

医学部予備校レクサス教育セミナーは基礎学力の完成から 医学部合格まで30年の実績に基づいた緻密な年間計画のもと1日13時間という圧倒的な学習時間を課すことで、多くの生徒を合格に導いています。

2022年度は塾生がすべて医学部合格という快挙を成し遂げました。

レクサスの口コミやが合格者の声をみると

  • 「監獄だった」
  • 「講師との距離が近く質問しやすい環境だが徹底した厳しい指導だった」

という指導面の厳しさを指摘する声が多くみられます。

しかし、どの口コミも「辛かったがとても有意義だった」という最終的にはポジティブな意見が書かれているのも特徴的でした。

1日13時間、夜間の個別学習など強制的な指導を徹底的に行うことで確実に合格する力を付けてくれる医学部予備校といえるでしょう。

頑張ろうという気持ちがあるが、どのように取り組んでよいか分からないという生徒には特におすすめの予備校です。

授業形式 少人数グループ指導
一部個別指導あり
コース・料金 選抜SSコース1,828,000円
選抜SAコース2,836,000円
Advancedコース3,236,000円
Basicコース3,236,000円
合格実績 2022年度本科生医学部全員合格
医学部予備校所在地 東京都渋谷区桜丘町18番4号 二宮ビル4階

医学部受験クエスト

医学部受験クエストは東京西新宿にある上位大学に強い医学部予備校です。

2022年度は在籍本科生が16人に対し、合格者のべ人数は65名と圧倒的な数値をだしています。

しかも合格した大学には、東京大学・東京慈恵医科大学・慶応大学・順天堂大学・東京医科大学などトップ層の大学が多く含まれているのが特徴です。

入塾テストを設けており、少数精鋭の実力派医学部予備校といえます。

クエストの一番の魅力は非常にハイレベルかつ緻密に計算された授業です。

クラスは能力別になっていますが、一度の試験で固定化せず、その都度の努力が反映されるよう頻繁にテストを行い、適切な競争状況の中で互いに切磋琢磨して力がつくように配慮もされています。

授業担当講師が行う添削システムも充実しており、記述力の必要な上位医学部を狙うには最適な医学部予備校です

医学部予備校の中でも比較的安い価格設定となっており、上位大学に合格したら返金される奨学金制度もモチベーション維持につながります。

授業形式 少人数グループ指導
個別指導
コース・料金 昼間部コース2,475,000円/年
ただし医学部医学科の「旧帝大」「医科歯科大」「千葉大」「慶應1次」に合格したときは、授業料のうち50万円を合格時に返金
個別指導1科目71,000円/月
合格実績 国公立大学名
私立大学53名
医学部予備校所在地 東京都新宿区西新宿7-23-13 クエストビル

メデュカパス

医学部予備校メデュカパスは両国予備校伝統を唯一受け継いでおり、私立医学部受験に特化した指導を行っている医学部予備校です。

2022年度は在校生の4人に3人が合格しており、平均偏差値を入学時から卒業時で「52.2⇒63.8」にアップさせている実力派の医学部予備校といえます。

医学部予備校メデュカパスの特徴は「Input-Output方式」や「3WayFeedback方式」を取り入れている点です。

「Input-Output方式」は習ったことを別の生徒に自らが教えるシステムです。人に分かり易く説明しようとした時に、自然と自らが理解した内容を正確かつ簡潔にまとめようとする為、物事を整理して覚える感覚が養われます。

「3WayFeedback方式」は1つのテーマを3週かけて確実に定着する学習システムです。

1週目で授業を受け、2週目で確認テスト、3週目で再テストをすることで、ひとつの単元を完璧にすることができます。

授業形式 少人数グループ指導
個別指導
コース・料金 本科生コースLite 2092000円/年
本科生コース3,200,000円/年
合格実績 私立大学29名
医学部予備校所在地 東京新宿区市谷田町2-23-8

プロメディカス

駿台グループ医学部予備校です。東京では東京駅八重洲口からすぐです。

どうすれば最速で合格できるのか研究された専門のカリキュラムで、医学部合格を最短距離で掴み取ります。

医学部予備校プロメディカスの魅力は講師力にあります。

厳しい採用基準をもとに選ばれた多くのプロの社会人講師が授業を担当しています。

授業面だけではなく自習環境も充実。

どの医学部予備校校舎も駅からほど近くセキュリティー面も万全、生徒一人一人へ専用の自習室、ロッカーを提供し、安心して学習できる環境を整えています。

また学費を通年で提示してくれるのも医学部予備校プロメディカスの特魅力です。

多くの医学部予備校が通年の学費に加え講習会費や教材費を取るのに対し、プロメディカスは全て込みで通年3,850,000円。

決して安い値段ではありませんが、面倒見の良い医学部予備校の学費としては低めの設定といえます。

授業形式 少人数制集団授業
個別指導
コース・料金 通年コース3,850,000円/年
マンツーマンコース1コマ9,350円
合格実績 国公立大学19名
私立大学223名
医学部予備校所在地 東京校東京都中央区八重洲1-8-16 新槇町ビルヂング14F 横浜校 大宮校 名古屋校

東京以外の受験生は医学部予備校のオンライン通信コースもおすすめ


東京以外に在住の受験生は寮を利用して東京都内の医学部予備校に通うことが一般的でした。

しかし、新型コロナの流行以降は、各医学部予備校でオンライン通信のコースが充実。

したがって、今では地元を離れられなかった現役の高校生や中学生も東京にある合格実績豊富な医学部予備校の指導が受けられるようになっています。

今回は東京で通信コースを設置する医学部予備校の中からおすすめをピックアップしてみました。

もちろん、入試期間など東京を拠点にしていれば、東京会場で多くの私立大学が受験できるなどメリットも多いですが、寮費などが別途かかるので費用負担は重くなりがち。

経済的負担を抑えながら地元で勉強したい受験生は、東京にある医学部予備校の通信コースも検討してみると良いでしょう。

医学部予備校通信コースの詳細はこちら

 
  広告・PR欄
野田クルゼ

野田クルゼの
公式サイトです。
http://www.kurse.co.jp/

メディカルアーク

メディカルアークの
公式サイトです。
http://medical-ark.co.jp/

四谷メディカル

四谷メディカルの
公式サイトです。
https://yotsuya-medical.com/

医学部予備校の特集企画

© 2022 医学部大学受験比較ランキング※医学部合格への適切な勉強法 Powered by AFFINGER5