医学部再受験について

医学部大学受験比較ランキング※医学部合格への適切な勉強法

医学部再受験は基礎知識習得の徹底と負担の少ない志望校選びが短期合格への鍵です。

医学部大学受験TOP > 医学部再受験について

医学部再受験について

医学部再受験とは、過去に医学部進学を諦めた人が再び医学部の一般入試を目指すことです。

医学部再受験の方は、年齢的にも現役生や1浪生よりも上だと思われるので1年でも早期に合格することが大切になってきます。公にはされていませんが、年齢制限を設けている大学もあると言われています。

さらに、一度受験勉強から遠ざかっている人が多いので、入試レベルの学力まで再度上げることが大変になってきます。

しかし、効率的な学習計画を立て、諦めずに絶対に合格するという強い信念で医学部合格を勝ち取っている人は実際に少なくありません

負担の少ない志望校選び

再受験の人に多いのは、経済的な面を考えて国公立大学医学部を目指す人が多い傾向にあります。しかし、国公立大学はセンター試験に加えて2次試験と、私立大学に比べて学習量が非常に多くなってしまいます。

したがって、できるだけ少ない科目で効率よく受験できる大学を目指すことが重要です。 センター試験は5教科7科目受ける必要がありますが、2次試験は大学によって受験科目の数が異なってきます。

例えば、秋田大学医学部医学科の前期日程の個別学力試験は、英語・数学の2教科と面接となっています。これなら理科科目はセンター対策だけに注力して行えばいいということです。

しかし、あくまでも科目数が少ないのは学習負担が少ないということで、合格しやすいわけではありません。科目が少ないのは誰でも魅力で受験生は集中してきます。自分の得意科目や試験制度をうまく考慮に入れて志望校を選ぶことをおすすめします。

まずは基礎を徹底的に叩き込む

医学部再受験の学生は、高校生時代の学習をほとんど忘れている人が多いと思うので、まずは基礎力固めに徹してください。

その際、独学だと理解するまでに時間がかかったり、モチベーション的に下がってしまう傾向にあるので、医学部予備校などを利用していくことをおすすめします。

特に、知識の習得が相当量必要になってくるので、大人数の集団クラスの学校よりも少人数あるいは個別指導の医学部専門予備校がおすすめです

授業料は高額になりがちですが、きめ細かいサポートと自分に合ったレベルの指導が受けられるのが魅力です。

たとえば、メルリックスは社会人や大学生などの再受験生にも広く門戸を提供し、合格者も輩出しているので一度検討してみてはいかがでしょう。

<<広告・PR欄>>

野田クルゼ

野田クルゼの公式ホームページです。
http://www.kurse.co.jp/

メディカルアーク

メディカルアークの公式サイトです。
http://medical-ark.co.jp/

城南医志塾

城南医志塾の公式サイトです。
http://www.johnanishijuku.jp/

ページトップへ戻る

相互リンク | 企業概要 | 個人情報保護の方針 | 利用規約 | お問い合わせ

Copyright (C) 医学部大学受験比較ランキング※医学部合格への適切な勉強法 All Rights Reserved.